Project Description

日本語の音声ガイド付きツアー

terrasse Nord革命前のヴェルサイユの領地は7,800 haあり、現在のパリの面積 に匹敵します。周囲は43 kmの壁に囲まれていました。今日では 800 haを有しています。

野外の素晴らしい美術館とも言える「パ一 ク」には、以下の見どころがあります。

宮殿から大水路まで広がる庭園。
周りのパークや林には幅広い散歩道が沢山あります。
マリー·アン卜ワネッ卜の離宮卜リアノンの城と庭、マリー,アントワネットの村里。

大卜リアノン は、1668年に^/イ“世が購入した土地の名前に由来しています。大卜リアノンは1687年にアルドゥアンニマンサールの設計 によって建設され、周りは庭に囲まれています。この庭での休息を、王はこよなく愛していました。ナポレオン3世(1870年)に至るまでのすベての君主たちは、この舘に幾日も滞在しました。またド`ゴ ―ル将軍の統治下では、大トリアノンは共和国の迎賓館となりました。見事に改修された大卜リアノンは今日、城の見学時に欠かせない見どころとなっています。

小卜リアノンは、ルイ15世治世下の1761年、ガブリエルによって設 計されました。ルイ16世はこの舘を、「花の好きな王妃、あなたに小 卜リアノンという花束を贈りましょう」と言ってマリ一·アントワネット にプレゼントしたと言われています。

舘の近くには、12の藁ぶき屋根の家(酪農小屋、納屋、水車、農場 などを併設)があります。これらは1783年、王妃が建築家リシヤー ル·ミックに建設を命じたものです。1778年に建設された「愛の神 殿」では、王妃が好んで夜の宴を催しました。

1668年に庭師ルノ一トルによって設計された大水路。表面積 23 ha、周囲6 kmを誇り、建設には11年を要しました。ルイ14世治世下には、9隻の船舶からなる船隊や、32の大砲を備えた軍艦、ナポリの帆船、ヴェネツィア共和国から贈られたゴンドラ、そしてガレー 船などの縮小モデルが浮かんでいました。

ネプチューンの泉水ルイ“世の治世下、ルノー卜ルの設計で 建設されました。これはパーク内で最も大きぐ109の噴水を有し ています。大水路の中央には、海の神ネプチューンが泉水に君 臨しています。その向かいにはパーク内で最も高い23 mの噴水ドラゴン泉水あります。

対応するオーディオトラックにアクセスするには、マップ上の番号をクリックしてください。

MAP_JAP
出発/北ターミナルテラス ネプチューンの泉水は 大卜リアノン 小卜リアノン 十字路 大水路。

出発/北ターミナルテラス

オーディオトラックを開始

ネプチューンの泉水は

オーディオトラックを開始

大卜リアノン

オーディオトラックを開始

小卜リアノン

オーディオトラックを開始

十字路

オーディオトラックを開始

大水路。

オーディオトラックを開始